> PDFを開くには、Adobe Readerが必要です。 お持ちでない方はこちら
>> インストール(無料)

診療案内

東京都日野市多摩平1-4-19-201
(豊田駅北口300m)

診療時間

午前
09:00〜12:30

※土曜は13:00迄
※日曜は11:00迄(完全予約制)
下肢静脈瘤の初診外来のみ
午後
14:30〜18:30
休診
木曜午後・祝日



知って為になる下肢静脈瘤クイズ

あなたのその脚 むくみま専科!?

下肢静脈瘤の様々な種類

1.伏在静脈瘤

伏在静脈瘤

足の表面近くにある静脈のうち、本幹となる太い血管が「伏在静脈」です。伏在静脈がこぶのように拡張した状態を伏在静脈瘤といいます。
主な治療としては血管内焼灼術レーザー治療高周波(ラジオ波)治療)ストリッピングがあります。

2.側枝静脈瘤

側枝静脈瘤

伏在静脈より枝分かれした、さらに先の部分の静脈が、拡張して出来たものです。比較的、膝から下の部分に見られます。
主な治療としては硬化療法静脈瘤切除術等があります。

3.網目状静脈瘤

網目状静脈瘤

直径2〜3mm の、皮膚の直下の小さな静脈の拡張で、網の目状の広がりを示します。太もも外側から後面膝の裏側などによく見られ、 比較的鮮明な青色となります。
主な治療としては硬化療法静脈瘤切除等があります。

4.クモの巣状静脈瘤

クモの巣状静脈瘤

皮膚の表面(表皮)の下の、径 0. 1〜1.0mm の極めた細い血管が拡張したものです。盛り上がりが少なく、赤紫色になります。
主な治療としては硬化療法経皮的レーザー治療があります。

5.陰部静脈瘤

内腸骨系静脈瘤 陰部静脈瘤

妊娠を契機に発生することが多い、目立つ瘤を切除(静脈瘤切除)後、硬化療法が効果的です。

6.クリッペル・トレノーネイ症候群

クリッペル・トレノーネイ症候群

体幹や手足のあざ、静脈瘤、足の左右差を主な徴候とする、先天的血管形成異常です。