> PDFを開くには、Adobe Readerが必要です。 お持ちでない方はこちら
>> インストール(無料)

診療案内

東京都日野市多摩平1-4-19-201
(豊田駅北口300m)

診療時間

午前
09:00〜12:30

※土曜は13:00迄
※日曜は11:00迄(完全予約制)
下肢静脈瘤の初診外来のみ
午後
14:30〜18:30
休診
木曜午後・祝日



知って為になる下肢静脈瘤クイズ

あなたのその脚 むくみま専科!?

下肢静脈瘤の治療方法

当院で行われている下肢静脈瘤の手術は、
レーザー治療高周波【ラジオ波】治療ストリッピング静脈瘤切除不全穿通枝焼灼術高位結紮術と様々な方法があります。
これらの治療を組み合わせて、個々の患者様の下肢状態に合った治療を行います。


下肢静脈瘤の治療は従来、ストリッピング手術硬化療法による治療が主体でした。
平成23年にレーザーによる血管内焼灼術が保険収載されてから、血管内焼灼術(レーザーラジオ波)が下肢静脈瘤治療の主体となりました。


手術の流れ

1.手術当日
手術当日は、まず超音波検査にて手術部位の確認を行います。
2.手術室へ移動
手術室に移動していただき、点滴、心電図、血圧などのモニターを付けます。
3.手術開始
鎮静剤で眠っていただき、局所麻酔を行った上で手術開始となります。
4.手術〜ご帰宅まで
40分前後でレーザーもしくは高周波(ラジオ波)治療(ストリッピングでも同様)および下腿のコブの目立つ部位を切除(静脈瘤切除術)します。 手術終了後、包帯を巻き、1時間ほど休んでいただき、診察、帰宅となります。
5.術後について
翌日に超音波検査を行い、1週間後に創のチェックを致します。
*入浴・シャワーについては、手術当日は控えていただき、問題がなければ、翌日よりシャワーのみ可能、1週間目より入浴可能となります。