下肢静脈瘤の症状 | 下肢静脈瘤 東京 森末クリニック監修 下肢静脈瘤サイト(東京都日野市)
下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤の症状

重だるくなることが一番多く、静脈瘤による血行不良が筋肉に影響して明け方につることもあります。また静脈瘤の悪化が皮膚に影響し、静脈に沿った色素沈着、湿疹や潰瘍となって現れる場合があります。自然に破裂することは殆どありませんが、とがったものにぶつかって出血する場合はあります。
また、瘤が出来るという形態の変化の他には症状のない方もいて、気づかないうちに進行していく場合もあります。

具体的な症状

2.明け方足がつる

明け方足がつる

脚のつる原因として、下肢静脈瘤のほかに、肝臓病、腎臓病、甲状腺疾患、筋肉疲労、腰椎疾患やミネラルバランスの崩れ(電解質異常)などの原因があります。 弾性ストッキングにて、つる症状が改善されるようであれば、下肢静脈瘤が原因である可能性が高いです。 その場合は、下肢エコー検査にて異常のある血管を、規模に応じて血管内焼灼術(下肢静脈瘤レーザー治療高周波カテーテル治療) またはストリッピング手術を行い、状況で瘤切除術硬化療法等を追加します。

5.クモの巣状の血管が浮き出ている

クモの巣状の血管が浮き出ている

クモの巣状静脈瘤は0.1 ~ 1mm径で、真皮内に存在します。 コブのように膨らむことはほとんどなく、静脈うっ滞により皮膚変化をきたしたり、血栓が出来たりすることもほとんどありません。 当院での治療は、従来の硬化療法に加えて、皮膚の外から照射するレーザー治療(経皮的レーザー治療)が可能となっております。 このレーザーは特に硬化療法が困難な細い静脈瘤に効果的です。

6.むくみ

むくみ

浮腫みの原因は下肢静脈瘤のほかに、リンパ浮腫、膝疾患や心機能・腎機能・甲状腺機能・栄養状態の低下によるものなどさまざまな原因があります。 当院ではまず、下肢エコー検査にて下肢静脈瘤について調べた上で異常があれば、規模に応じて血管内焼灼(下肢静脈瘤レーザー治療高周波カテーテル治療) またはストリッピング手術を行い、状況で瘤切除術硬化療法等を追加します。 下肢の静脈に異常のない場合は他疾患の検索を行います。