CEAP分類 | 下肢静脈瘤 東京 森末クリニック監修 下肢静脈瘤サイト(東京都日野市)
CEAP分類

CEAP分類

American Venous Forumにより1994年に作成された慢性静脈疾患。CEAP分類はClinical, Etiologic, Anatomic, Pathologic, Venous anatomic segmentの項目および検査のレベルと日付を記載するようになっていますが。その臨床分類(Clinical classification)は、下肢静脈瘤の病状を伝えるのに簡便であり、広く用いられています。

下肢静脈瘤の重症度

C0 静脈瘤なし
C1 クモの巣状網目状静脈瘤
C2 下肢静脈瘤(varicose vein)
C3 浮腫
C4a 色素沈着、湿疹
C4b 脂肪皮膚硬化症
C5 潰瘍の既往
C6 潰瘍