下肢静脈瘤とは | 下肢静脈瘤 東京 森末クリニック監修 下肢静脈瘤サイト(東京都日野市)
下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤イメージ

一般的に下肢静脈瘤とは、varicose veinのことを指し、静脈の弁が壊れて(静脈弁不全)、静脈圧上昇により,静脈が伸展・屈曲・膨張・肥厚したものをいいます。
ただし、クモの巣状静脈瘤はtelangiectasiaに相当するもので、静脈弁不全を発生要件とはしません。

また通常にいう下肢静脈瘤は、一次性静脈瘤のことを指し、深部静脈血栓症などのように深部静脈に起こった血行不全を代償するために生じた二次性静脈瘤は対象となりません。ちなみに二次性下肢静脈瘤は、静脈弁不全によらない静脈瘤です。

こんな症状がでたら注意です

こんな症状がでたら
注意です

このような症状があると下肢静脈瘤の可能性があります。

下肢静脈瘤は、重症化すると皮膚症状(色素沈着、脂肪皮膚硬化症、皮膚潰瘍)を伴う疾患です。重症になるにつれ、複雑な静脈の構造に変化し、深部静脈に影響がおよび、治癒が困難になる場合があります。自覚症状がなく進行する場合も多いのですが、脚の重だるさやこむら返り、静脈に沿った皮膚炎・湿疹などの症状があれば、放置されることなく、受診されることをお勧めします。

  • 足の血管が浮き出てみえる
  • 明け方、足がつる
  • 明け方、疲れやすい
  • 足がむくむ
  • くるぶし近くの皮膚が変色した(黒ずんでみえる)
  • 皮膚炎や湿疹が起こりやすい
  • 頑固な皮膚炎や湿疹、痒みがある
  • 静脈に沿っての炎症や痛み

このような症状があると下肢静脈瘤の可能性があります。

下肢静脈瘤は、重症化すると皮膚症状(色素沈着、脂肪皮膚硬化症、皮膚潰瘍)を伴う疾患です。重症になるにつれ、複雑な静脈の構造に変化し、深部静脈に影響がおよび、治癒が困難になる場合があります。自覚症状がなく進行する場合も多いのですが、脚の重だるさやこむら返り、静脈に沿った皮膚炎・湿疹などの症状があれば、放置されることなく、受診されることをお勧めします。