下肢静脈瘤 東京 森末クリニック監修 下肢静脈瘤サイト(東京都日野市)

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは?

下肢の静脈が太く、モコモコと瘤のように膨らんで曲がりくねって浮き出ているものを「下肢静脈瘤」といいます。 下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。 また静脈には、血液の逆流を防ぐためのバルプ(弁)がついていて、血液が重力に負けて下の方へ引かれ逆流しないようにくい止めています。

こんな症状がでたら注意です

足の血管が浮き出てみえる
明け方、足がつる
くるぶし近くの皮膚が変色した(黒ずんでみえる)
足がむくむ
疲れやすい
頑固な皮膚炎や湿疹、痒みがある

当院での治療方法

当院の下肢静脈瘤治療は、随時に超音波検査(エコー)を行うことで、患者様の状態を把握しつつ、適した治療方法を適切に組み合わせて治療してまいります。

スタッフブログ

院長紹介

院長 医学博士 森末 淳 院長 医学博士 森末 淳

下肢静脈瘤治療のご相談は、森末クリニックをご利用ください。

院長である森末淳先生について紹介しております。